過去案件のRIBON設定手順

過去案件のRIBON設定手順

登録用メールアドレスを設定する

クリニックドメインにてRIBON登録用に使用するメールアドレスを発行します。
何でも良いですが、被りが無いと思われるのでribon@で設定を推奨します。

  • メールアドレス
    ribon@~
  • パスワード
    MPクラウドのアイパスに使用しているもの(8桁以上必要 ※後で変更するのであれば何でも良いです)
  • 容量
    200M

※過去のMPクラウド設定情報でパスワードが8桁未満のものがある可能性があります。その時は相談してください。

KINTONEへ情報を入力する

ヒーローカスタマーに必要事項を記載します。

RIBON登録用のメールアドレスを「基本情報タブの連絡先①メール」に登録します。

下記画像のように既に他のメールアドレスが入っている場合、メインの連絡先はコメントに移動し下記のように記載しておきましょう。最終的に差し替えます。

連絡先①メール:✖✖✖@〇〇〇.com

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

RIBONのタブを設定しアカウント発行の手続きを行います。

下図黄線部分の内容を埋めて登録してください。

ステータス:稼働
依頼受理日:ドメイン依頼日
設定完了日:入力日
設定担当者:自分の名前

slackを確認する

RIBONのアカウントが発行された場合、#ribon_account チャンネルに通知が入ります。通知が入ったらWEBメールを使用し、RIBON登録用に設定したメールを参照しにいきます。RIBONより届いているメールから本登録を行います。

本登録を行う

RIBONの本登録画面を表示したら、院長名を確認し、役職を適切なもので選択します。同じく本登録画面にRIBONのログインパスワードを設定する項目がありますので設定しますが、MPクラウドのタブが稼働している場合、現在設定中のMPクラウドのパスワードを使用するようにしてください。

入力を済ませたら「登録してログインする」ボタンを押し、本登録を完了します。

アイパスを変更する

本登録を進めるとダッシュボードが表示されます。院名と担当者名が右上に表示されていることを確認してください。
その辺りをクリックすると、下図のようにメニューがでてくるので、プロフィールを選択します。

プロフィール部分を表示すると、メールアドレスの修正が可能ですので、MPクラウドで使用されているIDに切り替えます。この際新しく設定するメールの方には通知は飛びませんので安心してください。

施設情報ページを編集する

本サイトなどを確認しながら、施設情報ページを作成してください。全て「非公開」にて設定しておいてください。

KINTONEを修正する

基本情報タブの連絡先メール①をコメントに残した元々のメールアドレスに戻します。

登録用メールアドレスを削除する

サーバーからRIBON登録用に設定した不要なメール情報(ribon@メールなど)を削除します。これで手順は完了です。
※使用しているメアドを絶対消さないように注意してください。

【最後に】作業をコメントに残しましょう

この流れで発行したものと、先生側で対応してもらったものとKINTONE上では判断がつかないため、何も残さないと混乱する原因になります。
手間ですが、KINTONEに「RIBONログイン情報はMPクラウドと同じです」という旨、コメントに残しておきましょう。

宜しくお願いいたします。