【ライティング】読まれるコラムタイトルの考え方と作り方

【ライティング】読まれるコラムタイトルの考え方と作り方

どうもマーケティング室です。

今後、HEROのメディアとして、既存のコーポレートサイトのブログを
はじめ、色々な記事を作成することになります。

また、それに合わせて今以上にユーザーにとって有益なコンテンツを提供できるように全体の記事の質を上げのため、マーケティング室からも書き方のコツなど情報を発信していこうと思います。
HEROのメディア1件でも多く上位表示されるように
また、コンテンツの書き方、SEO対策を加味した書き方など色々発信していこうと思いますので、お時間あれば読んでください。

まず、初回の内容は「読まれるコラムタイトルの考え方と作り方」です。

記事のタイトルは、読者がその記事を読むか否かを判断する重要なポイントです。そのためには、読者の興味を引くようなタイトルをつける必要があります。

色々なテクニックや手法がありますが、今回は基本編として、既存のタイトルに3つのステップを例を交えて紹介させていただきます。

では、実際に今ある記事の中に「物件選びのポイント」というタイトルのものがあります。
これに3つのステップを当てはめて変えていきます。

ステップ1:誰に向けた記事か明確に記載する

記事を大奥に人に読んでもらうためには、
その記事が、誰に向けた記事なのかどんな内容なのか想像しやすいものにしなくてはなりません

before:「物件選びのポイント」
after :「開業する際の物件選びのポイント」

どうでしょうか?
afterの方が記事の内容をイメージしやすいのではないでしょうか?

昨今は、検索エンジンに、キーワードを入力すれば何かしらの情報が必ず、検索結果として返ってきます。
また、キーワードによってはその、情報量は膨大な数になります。
つまり、ユーザーは、検索した情報の一覧の中から、自分が求めている内容に沿っているページをピックアップしてからページを閲覧します。
そのため、誰に向けた情報かわからない内容がイメージできないものは、いかに内容が優れていてもページを閲覧してもらえない可能性があります。
なので、必ずタイトルに、記事を読んで欲しい対象を明記した方がいいのです。

例にあげた「物件選びのポイント」というタイトルだけで中身を読まずに記事の内容が想像できますでしょうか?
おそらく、物件に関する内容だろうというところまでは可能だと思います。
ただ、より細かく、開業医を検討されている方に向けた物件選びのポイントというところまでは想像するのが難しいのではないでしょうか?

記事を書いた執筆者は、当然「開業を考えている先生に向けた」をイメージして
その人のために「物件選びのポイント」の記事を書いています。

しかし、世の中には「物件選び」というニーズの人が、目的として探している「物件」にはかなりの種類があります。

例えばですが、
医療開業を検討している人、
オフィスの移転で物件で探している人、
引越し先の賃貸物件を探している人、
ショールーム用の物件を探しているTECO、
居住用の購入物件を検討している人、
不動産投資用の物件を検討している人、
飲食店を開業のための物件を探している人

という、具合に物件と一括りになっていますが、その中には様々目的とニーズを持って探している方がいます。
「賃貸物件を探している人」には、開業物件の選び方のポイントという情報は、おそらく必要のない情報でしょう。
こうしたニーズのミスマッチが起きてしまうと、記事を最後まで読まずに「なんか、違うな」と思いページから離脱してくことでしょう。
そして、「なんか違うな」の人が増えてしまうと、
Googleから、この記事はユーザーの悩みを解決できる内容の記事ではないと評価をされてしまう可能性があります。

ステップ2:数字を入れる!

タイトルは、短い文字数の中で記事の中身が読者にとって有益なものだと
アピールをする必要があります。
そのためには、具体的かつ説得力があるように見せる必要があります。

before:「開業する際の物件選びのポイント」
after :「開業する際の物件選ぶ時の、3つのポイント」

afterのように、数字が入ると、内容により具体性を持たせることができます。
どのポイントに数字を入れるかは、その記事で訴えかけたい内容によって決まります。

例えば、インパクト重視した他のパターンでいくと
「集患数に2倍差がつく、開業する際の物件選ぶ際のポイント」
と言うような数字の入れ方もあります。
こちらは、あくまで内容に沿っているという前提なのでどこに入れるべきかは
書いた記事に合わせて調整してください。

ステップ3:時間を入れる

ステップ1では、誰に向けた記事であるかを決めると言う話をさせてもらました。
ステップ1の目的は対象を絞ることです。そのポイント「いつ(When)」です。
開業には、とても長い時間をかけて行うものです。なので、そのいつ読むべき記事なのかを指定することで
より、パーソナライズ(あなたのため)されているように感じるのです。

before:「開業する際の物件選ぶ時の、3つのポイント」
after :「開業のための事業計画作成前に、読むべき物件選びの3つのポイント」

もし、このタイミングでこの記事を見つけたら、
自分のための記事のように思えませんか?
ユーザーがそのように思うと記事を読んでくれるようになります。

まとめ

さて、記事タイトルの改善を3ステップで改修してきましたが
最初のタイトルと比べていかがでしょうか?読みたいタイトルになりましたかね?

before:「物件選びのポイント」
after :「開業のための事業計画作成前に、読むべき物件選びの3つのポイント」

afterの方が、対象となる読者をかなり限定していますが、
その人たちには、この記事読んでもらえそうじゃありませんか?

このように、今の世の中は、ネットの発達に合わせ情報過多となっています。
加えて、皆時間に追われて生活しているので、大量に流れてくる情報の中で
その情報は、自分のとって有益かどうかを一瞬で判断されてしまいます。

そのためには、一瞬で記事の中身が見えるタイトル付けが大切になってきます。
次回、記事を書く際には、少し意識してもらえると閲覧数が伸びるかもしれませんね。